ボイ ヤン スラット。 オランダ・デルフトに本部を置く環境団体「The Ocean Cleanup」 海洋浮遊物除去システムの最終計画案を発表

海のプラスチックごみ問題が深刻化!もはや手遅れ?→いいえ、実はこんな方法が…

スラット ボイ ヤン

💖 そして、そのアイデアをすぐに教授に話し、そこから膨大な時間をその制作に費やした。 海に捨てられたり、川から海に流れ出た全てのプラスチックごみは、その場で沈むか潮に流される。 近年、太平洋ごみベルトにおけるプラごみは重量ベースで急激に増えており、その原因に2011年の東日本大震災での津波が関係していると考えられています。

14

Google創業者が「アイデアに価値はない」と言い切るワケ

スラット ボイ ヤン

😁 2ビュー カテゴリ: , ,• (環境NGO代表メラティ・ワイゼンさん) その一人、インドネシアのバリ島でプラスチックごみをなくすNGO「Bye Bye Plastic Bags」を率いている 19歳のメラティ・ワイゼンさんです。 そうすればみんなが自分の頭で考えられるようになるからです。 日本の「対馬」で世界初の設置! なんと、この世紀の発明の最初の設置場所が日本の 「対馬」に選ばれた。

11

あの失敗した「海洋清掃マシン」が新たな舞台で復活。東南アジアの河川でプラスティックごみを回収へ

スラット ボイ ヤン

👏 2017年には日本の対馬沖にゴミ回収装置を設置する計画を進めているという。

2

巨大な海洋プラごみ回収装置、海へ ── 写真で見る詳細

スラット ボイ ヤン

😍 17歳になる頃には、海流の力を利用してプラスチックゴミを回収除去するアイディアを思いついた。

6

クラウドファンディングで実現した「世界初のプラごみ回収装置」とは

スラット ボイ ヤン

✊ 3ビュー カテゴリ:• 小さなことでもかまわないので、まずは何かを始めることです。

14

18歳の青年が考えたアイディアが海を救う!?世界的プラゴミ回収プロジェクトが始動

スラット ボイ ヤン

😙 Googleの創業者であるラリー・ペイジがそんな彼らを象徴するかのようなスピーチを母校である「ミシガン大学」の卒業式で行った。

16

新規事業アイデアには価値はない?アイデアより大切な事

スラット ボイ ヤン

😅 2019年5月には使い捨てプラスチック削減への指令を採択し、2021年までに代替製品が手頃な値段で容易に手に入る使い捨てプラスチック製品の販売を禁止しようと動いており、大企業なども協力しています。 夢は非現実的であればあるほど素晴らしい」。

プラスチックだらけ! 世界中のごみが流れ着く「太平洋ゴミベルト」は本当にひどかった

スラット ボイ ヤン

🖕 2ビュー カテゴリ:• 2ビュー カテゴリ: , ,• どうやったらこのゴミの回収ができるか。 むしろ、学歴が通用するのはほんのわずかな部分だけで、それ以上にひらめきをすぐに行動に移せる人のほうが強いようだ。

ボイヤン・スラット、巨大バリアで海のプラスチックゴミ収集目指す24歳の天才発明家

スラット ボイ ヤン

💋 スラットが設立した団体によると、この方法では海洋ゴミを取り除くのに7万9000年かかり、莫大な額の費用もかさむという。 当初は研究を続けるほどの資金がありませんでしたが、 クラウドファンディングで解決!SNSでの拡散によって、多くの賛同者と仲間を得ました。