付随 する 意味。 「付随」の意味と使い方、類語「付帯・付属・随伴・追随」との違い

「付随」の意味とは?使用例や類語「付帯」との違い・英語訳

意味 付随 する

👀 現在正式に「附」の字が使われる言葉としては、「寄附」や「附属」など5つのみで、それ以外には全て「付」の字が使われるようになっています。 基本的には、どちらも使うことができます。 付随しない• 本来業務とは病院・診療所などの経営に関わるメイン業務を指し、付帯業務は本来業務にさしさわりのない範囲で行う訪問看護などの業務を指します。

12

付帯業務とはどんな業務?削減すべき理由や方法、適した外注先も紹介

意味 付随 する

🤘 「Aが起こって、その流れでBが起きる」という関係です。

2

附属と付属の違いとは?意味や使い分けを解説

意味 付随 する

🌭 火災保険に加入した上で、付帯の地震保険にも入った。 rei : fuzui suru dekigoto soreni fuzui si te hassei suru mondai 「 futai 」 fuzui to yoku ni te i masu ga , 「 obi 」 ni ha 「 obiru motsu 」 toiu imi ga aru node 「 fuzui 」 to ha kotonari , hassei suru kotogara yori , sonzai suru kotogara wo arawasu sai ni tsukai yasui kotoba de aru you ni kanji masu. 付帯という言葉は、「カードに付帯した保険」「部屋を借りる際に付帯する器具」などの使い方で、これから発生するのではなく、既に対象となるものに伴う形で存在していることを意味します。 「随」は「他人の後にそのままついていく」を意味します。

7

附属と付属の違いとは?意味や使い分けを解説

意味 付随 する

☣ いずれも意味に違いはありませんが、「附随」はマイナーな表記です。 一方、付随業務とは「本来業務の一部、あるいは付随して行われる業務」のことを指します。 では、なぜ「付属」の方が 一般的に使われているのでしょうか? その理由は、 戦後の漢字改革により、 簡易的な字である「 付」の方を積極的に使うことが決まったからです。

11

「付随(ふずい)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

意味 付随 する

👊 そのため、派遣社員には契約明示書に記載されていない業務を行う義務が発生しません。 「付帯」は、「付随」と同じ意味合いで用いられることもありますが、「付随」が「主たる事柄に関連して生じること」を指すのに対し、「付帯」は「自然的・必然的についてくる(発生する)こと」を指すなどニュアンスには細かい違いがあります。

15

【付属、付随】 と 【付帯】 はどう違いますか?

意味 付随 する

📱 付随・附随・付帯・付属・随伴・追随の意味と違い 「誰かや何かに付き従う」という意味の熟語には、さまざまな種類があります。 「報道機関」というのは、 漢字の混同を避ける傾向にあります。 中でもビズアシスタントオンラインは、必要なときに必要なだけ、月最低50時間から(業務によっては30時間から)利用できる柔軟性が特徴です。

6

「付随」の意味とは?使用例や類語「付帯」との違い・英語訳

意味 付随 する

🌭 「業務遂行に附随する問題」「マイホーム購入に附随して、さまざまな手続きが必要になる」のように使われます。 たとえば、紙の書類に対して発生する印刷・ファイリング・廃棄などの付帯業務は、ペーパーレス化(電子化)によって減らすことができます。

6

「付随する業務」の例・意味と使い方・作業との違い|覚書

意味 付随 する

😘 「付随」の類語とその違い 「付帯」とは「伴うこと」 「付随」と似た意味を持つ単語に「付帯」が挙げられます。

19

「付随する」とは?意味や使い方!例文や解釈

意味 付随 する

🤝 それぞれについて簡単に紹介します。 企業としてより多くの収益を上げることを考えるのであれば、その分付帯業務を減らし、主体業務を行う時間を確保できるようにすると効果的です。

17