気骨 読み方。 気骨の読み方と意味、「きこつ」と「きぼね」正しいのは?

読み方は2種類!【気骨】よく目にする熟語、分かりますか?

読み方 気骨

😈 信念を持った精神を表す言葉と類似しているようです。 (3)「気骨」の類語は? 「気骨(きこつ)」の類似語は「意欲」、「気概」。

15

【気骨がある】の意味と使い方の例文(慣用句)

読み方 気骨

🤛 連濁とは2つの語が結びついて1つの語になるときに、 後ろの語頭が清音から濁音に変化するというものです。

15

気骨の読み方と意味、「きこつ」と「きぼね」正しいのは?

読み方 気骨

😀 彼は、元は学校の教師で、剣道の有段者ですよと聞かされて、なるほど 気骨があるはずだと思った。 「気骨」の読み 「気骨」を「きこつ」と読むと、「信念を守りぬく強い意気」の意となります。 ですが日本語では連濁によって後ろの語頭が清音から濁音に変わるため、 「手紙(てがみ)」「綿毛(わたげ)」と濁らせて読んでいるのです。

13

「気骨が折れる」、読みは?【ことば検定プラス】 答え林修

読み方 気骨

⚡ また「気骨(きぼね)」の類似語は「強情」、「頑固」、「執念」など。

読み方は2種類!【気骨】よく目にする熟語、分かりますか?

読み方 気骨

😘 まず 気骨(きこつ)は「自分の信念を曲げない強い気性のこと」の意味として用いられています。 また 気骨(きこつ)の類義語としては、「強情(ごうじょう)・頑固(がんこ)・偏屈(へんくつ)・執念(しゅうねん)」などの言葉が挙げられます。 「ことば検定プラス」今日の問題 「気骨が折れる」読みは? 青 「きぼね」が折れる 赤 「きこつ」が折れる 緑 3日も寝てない ことば検定プラスの答え 答えは 青 「きぼね」が折れる ヒント: ネットで見つかったヒントと予想できる答えをお知らせします 気骨が折れる(読み)キボネガオレル [補説]「気骨」を「きこつ」と読むと、「信念を守りぬく強い意気」の意となる。

6

「気骨が折れる」、読みは?【ことば検定プラス】 答え林修

読み方 気骨

🤪 (1)「気骨」の読み方は1つではない! 「気骨」の読み方をご存じない方は読み方をいくつか予想してみてください。 一般的には気骨は「きこつ」と読むときの方が多いです。 日本語の奥深さや難しさを改めて感じられますね。

13

【気骨がある】の意味と使い方の例文(慣用句)

読み方 気骨

🚀 気骨を「きこつ」と読むと上記のような意味になりますが、 「きぼね」と読むと「あれこれと心を遣うこと、気苦労」の意味となります。

6

「気骨が折れる」、読みは?【ことば検定プラス】 答え林修

読み方 気骨

☺ どの言葉についても気骨と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

13