平成 二 十 九 年。 ・介護保険法第五十一条の三第二項第二号に規定する居住費の負担限度額及び同法第六十一条の三第二項第二号に規定する滞在費の負担限度額(◆平成17年09月07日厚生労働省告示第414号)

・発達障害者支援法(◆平成16年12月10日法律第167号)

年 九 二 平成 十

💋 (定義) 第二条 この法律において「発達障害」とは、自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものとして政令で定めるものをいう。 (司法手続における配慮) 第十二条の二 国及び地方公共団体は、発達障害者が、刑事事件若しくは少年の保護事件に関する手続その他これに準ずる手続の対象となった場合又は裁判所における民事事件、家事事件若しくは行政事件に関する手続の当事者その他の関係人となった場合において、発達障害者がその権利を円滑に行使できるようにするため、個々の発達障害者の特性に応じた意思疎通の手段の確保のための配慮その他の適切な配慮をするものとする。 次条第二項において同じ。

・介護保険法第五十一条の三第二項第二号に規定する居住費の負担限度額及び同法第六十一条の三第二項第二号に規定する滞在費の負担限度額(◆平成17年09月07日厚生労働省告示第414号)

年 九 二 平成 十

🤚 2 前項の発達障害者支援地域協議会は、関係者等が相互の連絡を図ることにより、地域における発達障害者の支援体制に関する課題について情報を共有し、関係者等の連携の緊密化を図るとともに、地域の実情に応じた体制の整備について協議を行うものとする。 以下同じ。

・介護保険法(◆平成09年12月17日法律第123号)

年 九 二 平成 十

✍ の額を勘案して厚生労働大臣が定める基準により算定した費用の額 その額が現に当該指定地域密着型サービスに要した費用の額を超えるときは、当該現に指定地域密着型サービスに要した費用の額とする。 不動産特定共同事業法の一部を改正する法律• 株式会社丸石工業 東京都江戸川区上篠崎二丁目十二番七号 配管 法務省告示 第百二十二号 出入国管理及び難民認定法第七条第一項第二号の基準を定める省令(平成二年法務省令第十六号)の表の法別表第一の二の表の技能実習の項の下欄第一号ロに掲げる活動の項下欄第二十九号の規定に基づき、平成二十二年七月十二日法務省告示第三百五十八号の一部を次のように改正する。 (基本理念) 第二条の二 発達障害者の支援は、全ての発達障害者が社会参加の機会が確保されること及びどこで誰と生活するかについての選択の機会が確保され、地域社会において他の人々と共生することを妨げられないことを旨として、行われなければならない。

4

達示(平成16年度)

年 九 二 平成 十

💕 H27. 紅梅食品工業株式会社 東京都練馬区石神井町四丁目一番十二号 惣菜製造業 法務省告示 第百二十四号 出入国管理及び難民認定法第七条第一項第二号の基準を定める省令(平成二年法務省令第十六号)の表の法別表第一の二の表の技能実習の項の下欄第一号ロに掲げる活動の項下欄第二十九号の規定に基づき、平成二十二年八月二十日法務省告示第四百二十二号の一部を次のように改正する。 地域包括ケアシステムの強化のための介護保険法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備及び経過措置に関する政令• 犯罪による収益の移転防止に関する法律の一部を改正する法律• 4 この法律において「発達支援」とは、発達障害者に対し、その心理機能の適正な発達を支援し、及び円滑な社会生活を促進するため行う個々の発達障害者の特性に対応した医療的、福祉的及び教育的援助をいう。

18

達示(平成16年度)

年 九 二 平成 十

🚀 01 施行• の請求にあっては、施設所在市町村 が定める指定地域密着型サービスの事業の設備及び運営に関する基準 指定地域密着型サービスの取扱いに関する部分に限る。

11

発達障害者支援法(平成十六年十二月十日法律第百六十七号):文部科学省

年 九 二 平成 十

🙃 (平成三十年法律第三十四号)• (保育) 第七条 市町村は、児童福祉法 (昭和二十二年法律第百六十四号)第二十四条第一項 の規定により保育所における保育を行う場合又は同条第二項 の規定による必要な保育を確保するための措置を講じる場合は、発達障害児の健全な発達が他の児童と共に生活することを通じて図られるよう適切な配慮をするものとする。 2 前条第四項の規定は、前項の措置を講じる場合について準用する。 H30. 2 第八条の二第二項の規定は、前項の規定による出頭の求めについて準用する。

11

・介護保険法(◆平成09年12月17日法律第123号)

年 九 二 平成 十

♻ 被用者年金制度の一元化等を図るための厚生年金保険法等の一部を改正する法律の施行に伴う厚生労働省関係政令等の整備に関する政令• 一 児童福祉法第二十五条の七第一項第一号 若しくは第二項第一号 又は第二十五条の八第一号の規定により当該児童を児童相談所に送致すること。 施行日降順• 2 特例地域密着型介護サービス費の額は、当該地域密着型サービス又はこれに相当するサービスについて前条第二項各号の厚生労働大臣が定める基準により算定した費用の額 その額が現に当該地域密着型サービス又はこれに相当するサービスに要した費用 地域密着型通所介護、認知症対応型通所介護、小規模多機能型居宅介護、認知症対応型共同生活介護、地域密着型特定施設入居者生活介護、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護及び複合型サービス並びにこれらに相当するサービスに要した費用については、食事の提供に要する費用、居住に要する費用その他の日常生活に要する費用として厚生労働省令で定める費用を除く。 01 施行• 2 都道府県知事は、前項の規定により当該児童の保護者の出頭を求めようとするときは、厚生労働省令で定めるところにより、当該保護者に対し、出頭を求める理由となった事実の内容、出頭を求める日時及び場所、同伴すべき児童の氏名その他必要な事項を記載した書面により告知しなければならない。

8