ビソプロロール 先発。 該当成分の製品(後発品) & 薬価

メインテート錠2.5mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

先発 ビソプロロール

🤙 洞房ブロック• 階段を登ったりウォーキングなど軽い運動でも発生する狭心症に労作性狭心症があります。 心不全など重大な副作用が起こる危険性は低いですが、服用の際には十分に注意しましょう。

狭心症の薬は3種類をおさえる

先発 ビソプロロール

🤲 間欠性跛行症• 重篤な肝機能障害• 5mgの半錠は自家製剤加算とれる? ワーファリン錠1mg 1錠 ワーファリン錠0. 重度末梢循環障害• 用法・用量 (主なもの)• 25~5mgを経口服用する。 • Ca拮抗剤 ベラパミル塩酸塩 ジルチアゼム塩酸塩等 徐脈、房室ブロック、洞房ブロック等があらわれることがある。 ] 異型狭心症の患者[症状を悪化させるおそれがある。

メインテートの副作用や効果について、添付文書を参考にわかりやすく解説

先発 ビソプロロール

🤗 ) それ以外でも何かおかしいと感じた場合には、必ずかかりつけの医師・薬剤師に相談するようにしてください。 同類薬と比べ喘息誘発の副作用はまずないと考えられますが、もしゼーゼーと呼吸が苦しくなるようでしたら、すぐに受診してください。

15

医療用医薬品 : ビソプロロールフマル酸塩 (ビソプロロールフマル酸塩錠0.625mg「サワイ」 他)

先発 ビソプロロール

🎇 メインテート(ビソプロロールフマル酸塩) ISA -• 心不全へのエビデンスがある。 注意が必要なケース..喘息のある人、気管支炎や肺気腫で気管支けいれんのおそれがある場合、心臓の刺激伝導障害や徐脈、末梢循環障害(レイノー症状)、糖尿病、過度の低血圧、異型狭心症、乾癬、腎臓や肝臓の悪い人、高齢の人など。 クロニジンを中止する場合は、あらかじめ本剤の投与中止等適切な処置を行う。

医療用医薬品 : ビソプロロールフマル酸塩 (ビソプロロールフマル酸塩錠0.625mg「日新」 他)

先発 ビソプロロール

👣 医師の指示を必ずお守りください。

11

狭心症の薬は3種類をおさえる

先発 ビソプロロール

💖 6.頻脈性心房細動の場合:心不全を合併する頻脈性心房細動患者では本剤投与により心不全の症状を悪化させる可能性があるので、心機能検査を行う等、観察を十分に行う。

14

狭心症の薬は3種類をおさえる

先発 ビソプロロール

🚒 フィンゴリモド塩酸塩 フィンゴリモド塩酸塩の投与開始時に併用すると重度の徐脈や心ブロックが認められることがある。

4