フランツ カフカ。 フランツ・カフカのおすすめ名作5選!『変身』だけじゃない!

城 (小説)

カフカ フランツ

❤️ ぼくが生きている間、どうしても必要な武器だからです。 『カフカ論』 訳 筑摩叢書、増補版1977年• -『』『ある犬の回想』『』などを執筆。 「掟の門前」 [ ] 作品中「大聖堂にて」と題する章で、主人公Kが教誨師から以下のような短い物語を聞かされる場面があり、カフカは生前この挿話を「掟の門前 Vor dem Gesetz 」の題で独立した短編作品として発表している。

7

変身 (カフカ)

カフカ フランツ

🤪 パーヴェル、371頁• クリエイターのの楽曲『始発とカフカ』には、本作品に因んだ歌詞が多数出てくる。

審判 (小説)

カフカ フランツ

👌 集団昏睡事件に関して、オーストラリア映画『』を何度も思い出すという読者からの手紙に対し、村上はこう答えている。 また、このエピソードは、『消えてしまったお人形』(ジーン・リチャードソン、1995年)として絵本化されている。

18

作家別作品リスト:カフカ フランツ

カフカ フランツ

⚠ この作品を補足するものとして作られたフラバルの「アダージョ・ラメントーソ」という詩はカフカの思い出に捧げられており、またフラバルには「カフカールナ(「カフカ的状況」を表すチェコ語)」と題する短編作品もある。 鞭を打たれた監視人の叫びが響きわたり、Kは職場の同僚に知られないようにあわててドアを閉め、叫び声を聞いてやってきた小使をごまかす。

19

【フランツ・カフカとは】作品・評価・影響からわかりやすく解説|リベラルアーツガイド

カフカ フランツ

😘 カフカは試験勉強に苦労し、ブロートに助けられて5人の試験官の内、3人から「可」をもらい、かろうじて試験を通っている。 前述のドイツ人の少年カール・ロスマンが様々な出来事を経験しながら異国の地アメリカを放浪する物語であり、的な語りやカメラアイ風の視点等、映画的な特徴が指摘されている。

6

海辺のカフカ

カフカ フランツ

✊ 職場では常に礼儀正しく、上司や同僚にも愛され、敵は誰一人いなかった。 カフカは生前、ブロートへの遺言を2度行なっている。