鶏口 牛 後 意味。 「鶏口牛後」の意味と読み方は?由来の漢文・現代訳と後半も紹介

「鶏口牛後」とは?意味や使い方をご紹介

意味 後 鶏口 牛

🤞 蘇秦 鄙諺 ひげん を以て諸侯に説きて曰く、「寧ろ鶏口と為るとも、牛後と為ること無かれ」と。 ちなみに「鶏口」は「鶏のくちばし」を表し、これは「先端=先頭」となります。

「鶏口となるも牛後となるなかれ」の意味と由来、類語、対義語、理由を解説

意味 後 鶏口 牛

🙏 鶏口はくちばしのことですが、鶏頭ではとさかや目などが集まったものになります。

3

「鶏口牛後」の意味と読み方は?由来の漢文・現代訳と後半も紹介

意味 後 鶏口 牛

👌 為大王計、莫若六国従親以擯秦。 車騎輜重、擬於王者。

15

「鶏口となるも牛後となるなかれ」の意味とは?由来と類語も解説

意味 後 鶏口 牛

😔 「鶏口牛後」は、中国の春秋戦国時代のことが記述されている「史記」という書物の中に登場したのが始まりです。

6

「鶏口牛後」とは?意味と語源、英語表現や類義語【使い方の例文】

意味 後 鶏口 牛

🔥 「鶏口となるも牛後となるなかれ」の由来と原文 由来は『史記』、原文は「寧為鶏口、無為牛後」 「鶏口となるも牛後となるなかれ」は「寧為鶏口、無為牛後」が原文で、「寧(むし)ろ鶏口と為るとも、牛後と為ること無かれ。 書き下し文 [ ] 秦人(しんひと) 諸侯(しょこう)を恐喝(きょうかつ)して、地(ち)を割かん(さかん)ことを求む(もとむ)。 それよりも中小企業で自分の実力を発揮して役職をもらったり大きな仕事を任されたりする方が良いという際に「鶏口となるも牛後となるなかれ」と使います。

「鶏頭牛尾」?「鶏口牛後」?

意味 後 鶏口 牛

⚐ 現代語訳 [ ] (強国である)秦(しん)の国の人々が、周辺諸国を(軍事力で)脅して、(秦に)領土を割譲(かつじょう)せよ、と迫って(せまって)きた。 例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。 著作として『鬼谷子』を著したとされるが疑わしい。

11

「鶏口牛後」とは?意味や使い方をご紹介

意味 後 鶏口 牛

⚛ (蘇秦が、趙の)粛侯(しゅくこう)に説得して言うには、「(秦以外の)諸侯が力を合わせたとすると、兵(の数)は(秦の)十倍です。 上記の例文のように、「鶏口牛後」は小さな組織や会社を志す時に用いられることが多いです。