野球 少女。 “梨泰院クラス”イ・ジュヨン主演『野球少女』、日本の野球女子が語り尽くす(2021年2月26日)|BIGLOBEニュース

映画『野球少女』本編映像

少女 野球

⚓ 映画の中で『女子なんて』みたいな台詞がありましたが、私も体験入部では同じような目で見られたので、重なる部分もありました。 星川選手「三浦選手、川端選手と同じチームで世界に挑戦できるなんて、もしかしたら二度とできないかもしれない貴重な経験。

20

『野球少女』イ・ジュヨン「私の未来は誰にも分らない」…コーチの心を動かす本編映像

少女 野球

☯ 女子は少なかったですが、それでも小学生のときは『女子なんて』と軽く見られることはなかったと思います」 「でも中学で入った硬式チームでは、星川選手と同じでやっぱり初めての女子だったので、そんなことを言われたこともあります。 《text:cinemacafe. 第45回ソウル独立映画祭 独立スター賞俳優部門(イ・ジュヨン)• 美術 - パク・ジンア• しかし、女子という理由でトライアウトを受けさせてもらえず、プロからラブコールを受けたのはリトルリーグ時代からのチームメイト、ジョンホ 演:クァク・ドンヨン だった。 スインへのエールが、ラストシーンでスインから私たちへの特別なエールへと変わる。

6

「梨泰院クラス」イ・ジュヨン主演作『野球少女』2021年3月公開!|シネマトゥデイ

少女 野球

🤜 あらすじ 最高134キロの速球と鋭い変化球が強みのチュ・スイン(イ・ジュヨン)は、高校卒業後にプロ球団でプレーすることを夢見て熱心に練習を重ねてきた。

山口百恵ほうふつとさせる「野球少女」主人公の表情

少女 野球

🍀 ALL RIGHTS RESERVED 今年、社会現象ともなり大ヒットしたNetflixドラマ「梨泰院クラス」のメインキャストで、タンバムの料理長マ・ヒョニを演じた。

4

映画『野球少女』特報

少女 野球

⚓ 自分の個性を活かしたパフォーマンスで「野球界」に貢献していると言える。

5

「梨泰院クラス」イ・ジュヨン主演作『野球少女』2021年3月公開!|シネマトゥデイ

少女 野球

👣 イ・ジュヨンが40日間の特訓を経て挑んだ投球シーンに関しては「40日間(であの球を投げられるのは)はすごい!」「かっこよかった」「始球式に来たらいい球投げそう」とお墨付きを出した。 ライバルとして、かつてのチームメイトとして互いを知りつくした仲良しメンバーでの対談は、和気あいあいとした雰囲気でスタート。 野球を始めてから彼女はずっと、女性であることで多くの制約や困難と闘ってきたのだ。

映画『野球少女』特報

少女 野球

⚓ 映画『野球少女』(3月5日公開)を語り合う 韓国ドラマ『梨泰院クラス』マ・ヒョニ役を演で大ブレイクを果たした女優イ・ジュヨンが、プロ野球選手を目指す天才野球少女を演じた映画『野球少女』が3月5日より日本で全国公開される。 ポスターについて、チェ氏は「一番大事なのは俳優がアマチュアの野球選手のように見えてはいけないということ」だといい、「役になりきった主演俳優のイ・ジュヨンさんの表情とポーズがとても良かった」と述べる。